認知症は病気じゃない?

認知症は、「病気です」といわれていたり「病気ではない」といわれたりして、一体どっちなんだということで、整理してみました。

よく言われているのは、「認知症=病気」と理解されていますが、、、

日常生活に支障があるかどうか

そもそも、認知症自体は病気ではありません。認知症になっている人の約6割がアルツハイマー病を患っていることから、「アルツハイマー病=認知症」というイメージもありますが、実際はそうではありません。アルツハイマー病という病気が原因となって、車をうまく駐車することができなくなってきた、鍋に火をかけたことを忘れて、別のことをやってしまう、手際良く料理を作っていたが作り方がわからなくなってなってしまう、味付けが全くかわってしまったなど「遂行機能障害」や買い物したものを忘れて冷蔵庫の中に同じものがいくつもある。散歩にでかけたら道順を思い出せなくなって迷子になるなどの「記憶障害」や、予測不能な行動など、日常生活に支障を及ぼすため混同されることが多いためです。アルツハイマー病とは別に脳卒中で倒れた後、認知症の状態になった場合もあります。

このようなことから、アルツハイマー病にかかったことで認知症の状態になったとき「アルツハイマー型認知症」、脳疾患の病気で認知症になったとき「脳血管性認知症」と呼ばれています。

つまり「人が感じたこと、思ったこと、考えたことを行動に移せる」「記憶する」など脳の認知機能が衰え、日常生活に支障がある状態となっていることを総合して、認知症とされています。

一般的には、だれかのサポートが必要な自立できていない状態から考えると健康というわけではなく、また医療機関等で診察を受けるということからすると病気として考えられたりしています。

軽度認知障害との違い

日常生活に支障をきたさないが、誰かのサポートが必要とされる「軽度認知障害」とは区別されます。また、認知症の状態となってしまうと治療が困難なのに対し、軽度認知障害は治療やリハビリなどをすれば障害が改善されます。

まとめ

あくまで、認知症自体は病気ではなく、脳の働きが低下し正常に機能していないことで、生活に支障がでる状態のことをいいます。ただ、認知症となる原因(脳疾患系の病気)を治療していくことで改善が図れる場合もあり、また治療のために病院等医療機関にかかるので、広い意味でいえば、病気として表現するほうがわかりやすいようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする